不眠の影響

「睡眠負債」で、太ったり、肌がカサついたり、風邪を引きやすくなったり認知症に?

「睡眠負債」という言葉が注目されている。 睡眠不足のまま過ごしていると、不足が積み重なって「負債」となり、体にいろいろな不調をもたらす、というのだ。 「私は短時間睡眠で平気なタイプ」と思っていても、下のチェックリストに当てはまるなら...
治療・対策

不眠治療で不安症やうつの症状が緩和されることを確認(英研究)

うつで不眠になるのではなく、不眠がうつを作る可能性。 不眠治療によって、不安症やうつの症状まで緩和されるらしいことが明らかにされた。 睡眠の問題は、不安症やうつといった心を病んだ人たちに一般的だ。 実際、睡眠障害はよく心の病の1症状だ...
不眠の影響

【本当?】座り続ける生活で死亡リスク増、「30分毎に運動を」 米研究

(CNN) 日常生活の中で座って過ごす時間が長過ぎると、早死にするリスクが高くなるという研究結果を、米国のチームが11日に明らかにした。 一度に連続して座る長さが30分間を超えた場合、リスクはさらに上昇するという。 米コロンビア大学医学...
不眠の影響

「何もしていないのに疲れる人」が変えるべき習慣

鏡に映った自分を見た時、抜け殻のように活力の無い顔をしていると気づくことははありませんか? 蓄積した疲労は疲れとして感じるだけではなく、表情にも表れてしまいます。 疲れの要因は、人それぞれ。 「新製品のプレゼンがあり、人前...
治療・対策

【最先端】AIを使えば、かなりの精度で自殺を予測できる

アメリカで毎年、自殺で亡くなる人は4万2000人以上。 99年~14年で、自殺率は24%増加している。 長年のデータや学説の積み重ねでわれわれは自殺の防止法、少なくとも予測法を理解しつつあると思いたいが、最新研究によれば自殺予...
不眠の影響

電子端末を1日3時間以上使うティーンは自殺リスクが35%高い

8月下旬アメリカでスマホ世代のメンタルに地殻変動が起きているという実態に迫る本『iGen』が出版されました。 著者のサンディエゴ州立大学のJean Twenge心理学教授は25年間ずっと毎年ティーン1100万人の意識調査を行なって...
不眠の影響

「集中力」を引き出す22の行動習慣

やらなければとわかっていても、だらだら、ぐずぐず、やる気が出ない。 こんなことではいけないとやり始めても、すぐに飽きてしまって続かない。 でも集中力がないのは、性格の問題ではなく、集中する「コツ」を知らないだけ。 ぐうたらな自分に...
体験談

【その薬本当に必要?】病院でもらう睡眠導入剤を何年飲みつづけても不眠が治らない

病院で処方してもらう睡眠剤・睡眠導入剤について。 睡眠導入剤はそれほど特別な薬ではない 病院で処方される睡眠薬は「睡眠導入剤」と呼ばれるものがメインです。 「ハルシオン」「デパス」といった名前は、ちょっと睡眠導入剤を調べたことのある人...
タイトルとURLをコピーしました