治療・対策

うつ病治療にスマホアプリ、患者4割に改善効果…京大チーム開発

うつ病などに対する「認知行動療法」に患者が一人で取り組めるスマートフォン版アプリを、京都大学などのチームが開発した。 薬が十分効かない患者の約4割で改善効果が出たという。 認知行動療法は、患者自身がものの見方や問題に対処する選択肢を...
不眠の影響

うつ病を隠して休職していた社員を解雇。会社は裁判に勝てるのか

「うつヌケ」などが流行語大賞にノミネートされるほど、広く一般に認知されるようになった「うつ病」。 今回は「うつ病を隠していた社員の解雇」を巡る裁判の行方を紹介します。 うつ病を隠していた社員に会社の責任は認められるのか ちょっと前...
病状

寝不足と自律神経失調症の関係性について

人間関係の乱れ・仕事の多忙やプレッシャー・将来の悩みや不安による精神的ストレス・過労・事故・怪我・さらには近所の騒音や、季節の変化などの温度なども身体的なストレスとなって自律神経の乱れの原因になります。 何らかの理由で交感神経と副交感神経...
不眠の影響

仕事の悩み&ストレスの9割が楽になる、超簡単な方法

先日、厚生労働省から発表された平成28年の労働安全衛生調査(実態調査)によると、働く人のなかで、強い悩み、不安、ストレスを持つ人は59.5%(平成27年調査:同55.7%)とのことです。 その内容は、 「仕事の質・量」が 53.8%(...
不眠の影響

睡眠不足で自律神経のバランスが崩れると、風邪を引きやすい?

「頭痛や寒気がして、熱があるかと思って体温を測ってみたら、35度台だった」 「だるくて風邪かと思い、体温を測ったら、平熱よりも低かった」なんて事、よくありますよね? 「体調が悪いのに、熱を測ったら普段より低い」 熱があるように感じ...
不眠の影響

過労で「心の病」若年層に多く 女性は20代の自殺最多

平成22年1月〜27年3月までの約5年間に、過労による心の病(精神障害)で労災と認定された労働者の割合が30代以下の若年層で高かったことが、厚生労働省が6日に公表した「過労死等防止対策白書」で分かった。 心の病から自殺に至った事例は男...
不眠の影響

年収を増やしたければ8時間睡眠をとれ

2017年6月18日に放送されたNHKスペシャル『睡眠負債が危ない ~“ちょっと寝不足”が命を縮める~』 番組を見て、睡眠の大切さを改めて意識した。 まずは番組で語られた「睡眠負債」の考え方について、簡単に説明しておこう。 睡眠負債と...
不眠の影響

「8時間睡眠」でもなぜか疲れが残る理由

睡眠時間を確保していても疲れが取れないのは、布団に入っていても実際は眠れていない、つまり睡眠効率が低い可能性があります。 考えられる原因はいろいろあります。 睡眠効率を低下させる代表的な習慣をいくつか紹介しますので、そこから見直して...
タイトルとURLをコピーしました