不眠の影響

『社会的時差ボケ』と呼ぶその現象とは?

体内時計と生活時間の間にズレが生じると、仕事のパフォーマンスが下がったり、肥満の原因になったりする。中にはガンの発生率を上げるという研究結果もある。 平日は朝も早いし、睡眠も不足ぎみ。せめて週末くらいはたっぷり寝よう……。そんなふうに...
不眠の影響

“心配ないさ”が心配性に逆効果となる

失敗するかもしれない。嫌われるかもしれない……。そういう人に「気にするな」と言うのは逆効果だ。心配を解消するには「失敗してもいい」「嫌われてもいい」と開き直ることが重要になる。自分の性格の欠点を直すにはどうすればいいか。脳科学者と心理学者に...
不眠の影響

ヤフー、グーグルなど検索7社、自殺対策に向け連携を強化

検索サービスの健全な発展に関する研究会は12月18日、神奈川県座間市で9名の遺体が発見された事件の発生を受け、臨時会合を開催。 自殺予防に関する各社の取り組みを共有し、同様の事件の再発防止に向けて連携を強化すると発表した。   同...
不眠の影響

日本人の睡眠時間は50年間で約1時間短くなっている

NHKの国民生活時間調査によると、日本人の睡眠時間は50年間で約1時間短くなっているそうです。 どうして日本人は眠らなくなってしまったのでしょうか?  日本人はもともと勤勉ですよね。高度経済成長期には仕事をやればやるほど豊かになる実...
不眠の影響

人間に適した睡眠パターンは「二度寝」分割睡眠こそ自然な眠り方?

◆黒柳徹子さんが始めた「分割睡眠」 2017年に84歳となった黒柳徹子さんは、「徹子の部屋」などのテレビや舞台で活躍し、執筆や社会活動まで行っているバイタリティあふれる女性です。彼女はこれまで仕事が終わった後も、自宅でデスクワーク...
治療・対策

うつ病治療にスマホアプリ、患者4割に改善効果…京大チーム開発

うつ病などに対する「認知行動療法」に患者が一人で取り組めるスマートフォン版アプリを、京都大学などのチームが開発した。 薬が十分効かない患者の約4割で改善効果が出たという。 認知行動療法は、患者自身がものの見方や問題に対処する選択肢を...
不眠の影響

うつ病を隠して休職していた社員を解雇。会社は裁判に勝てるのか

「うつヌケ」などが流行語大賞にノミネートされるほど、広く一般に認知されるようになった「うつ病」。 今回は「うつ病を隠していた社員の解雇」を巡る裁判の行方を紹介します。 うつ病を隠していた社員に会社の責任は認められるのか ちょっと前...
病状

寝不足と自律神経失調症の関係性について

人間関係の乱れ・仕事の多忙やプレッシャー・将来の悩みや不安による精神的ストレス・過労・事故・怪我・さらには近所の騒音や、季節の変化などの温度なども身体的なストレスとなって自律神経の乱れの原因になります。 何らかの理由で交感神経と副交感神経...
タイトルとURLをコピーしました