病状

うつ病の人にみられやすい傾向 過去に後悔、未来に諦め

考え方が極端になってしまうのは「うつ病」が原因? ほぼ一日中憂鬱な気分が続き、何をしても楽しいと思えない。 好きだったことにも取り組めない、眠れない、思考力が低下する――。 うつ病は、脳のセロトニン神経の機能の障害によって、こ...
不眠の影響

日本人の短時間睡眠 「働き方改革」で解消するのか

日本人は眠らない……。OECD(経済協力開発機構)の調査でも諸外国に比べて睡眠時間が短いことが明らかになった。果たして、政府の旗振りによって「働き方改革」が進み、睡眠問題も解決するのか。書籍『疲れをとるなら帰りの電車で寝るのをやめなさい...
治療・対策

日常会話から「うつ病を見抜くAI」が登場

うつ病の兆候を日常会話の中からでも検出できる人工知能(AI)が開発された。 米マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究チームは、人々の会話テキストと音声データを分析し、うつ病の兆候がある言語パターンを発見するニューラルネットワーク...
治療・対策

家族・パートナーの「うつ」チェック方法と接し方

パートナーに話しかけても返事をしない。 たまに何か言うとしたら小言ばかり。 おまけに夜の生活を拒否するようになった……。 男女の関係のすれ違いはよく聞くことですが、まるで人が変わったように、相手の態度や性格が豹変してしまった、すっかり...
不眠の影響

夏は冬より睡眠時間が少ないってなぜ?

なんだかはっきりしないお天気が続いてますが、ムシッと暑い今年の夏。体調を崩しそうな天候ですが、みなさんちゃんと寝られていますか? ドコモ・ヘルスケア株式会社が、ウェアラブル活動量計「ムーヴバンド3」を使用している男女302人に「睡眠」...
不眠の影響

【夏バテ対策】夏バテを防止する食べ物

夏は暑さで食欲が落ちたり、バテぎみになったりしていませんか? 食欲がないからといって食事を抜いたり、食べる量を極端に減らすのはNG。 体力や抵抗力が回復せず、さらに体調を崩すことにもなってしまいます。 今回は夏バテを防止する食べ物につ...
不眠の影響

寝苦しい夜も快適に!ぐっすり眠るためのエアコン使用法

例年より早く梅雨が明け、猛暑が続いていますね。夜になっても気温が高く、暑くてなかなか寝付けないという方も多いのではないでしょうか? そこで今回は、寝苦しい夜も快適な睡眠環境を得るための、就寝時のエアコンの使用方法をお伝えします。 寝...
治療・対策

磁場刺激(TMS)によるうつ病の治療の新しい臨床研究

磁場刺激による脳操作の歴史 頭に磁場を発生するコイルを当てて(冒頭の写真参照)脳内に磁場照射を繰り返し与えると、脳神経を刺激して様々な神経疾患に利用できることが明らかになっています。 もともと、電流のような物理的刺激を使って脳の機能...
タイトルとURLをコピーしました