【歩数・睡眠・体重・管理】 iPhone「ヘルスケア」の設定と使い方

iPhoneの標準機能の一つ「ヘルスケア」アプリは、体重や睡眠をはじめ、歩数計、病気の早期発見まで健康管理に便利な「ヘルスケア」アプリについて、基本的な使い方を紹介します。

 

「ヘルスケア」で何ができる?

ヘルスケアは、iPhoneが記録した各種の健康データ(ヘルスケアデータ)を表示できるアプリです。

ヘルスケアアプリケーションを開くと、「アクティビティ」「睡眠」「マインドフルネス」「栄養」の4つの大きなカテゴリーが表示されます。

それぞれのカテゴリーは、あなたの健康全般において、そしてアプリケーションの中で、重要な役割を果たします。

ヘルスケアは、各カテゴリーから優れたアプリケーションの数々を提案して、あなたのモチベーションを高めます。

あらゆるデータを一目で確認できる「今日」表示もあるので、目標に向けて確実に進んでいけるでしょう。

一度ヘルスケアアプリケーションを使い始めたら、もうあなたを踏みとどまらせるものは何もありません。

 

ヘルスケアで表示できるデータは多種多彩です。

「歩数」や「移動距離」のようにユーザーが何もしなくても自動で収集されるデータもあれば、「体温」や「カロリー」などのように能動的にデータポイントを追加して記録するデータや、アプリや対応機器と連携して表示できるデータ(「睡眠分析」や「心拍数」など)もあります。

健康に関するデータを一つの場所でまとめて管理できるのが大きなメリットです。

 

歩数や移動距離

アクティビティ

 

ヘルスケアアプリケーションは、あなたの運動量を表示してモチベーションをアップさせます。

あなたの歩数や移動距離といったiPhone上のアクティビティデータと、他社製のフィットネス用アプリケーションから集めた数値はここにまとめられます。

さらにApple Watchが、立ち上がる頻度、エクササイズの回数、1日の消費カロリーなど、シンプルでありながら意味のある動きの成果を自動的に記録します。

 

 

対応機器やアプリを使って体重・睡眠などを管理する

ヘルスケアには、他の機器やアプリと連携してデータを取得、表示できるものがあります。

Apple Watchと連携

代表的なものは「Apple Watch」です。Apple Watchを身に付けていることで、日々のアクティビティや心拍数、ワークアウトのデータが蓄積され、ヘルスケアに表示できます。

iPhone ヘルスケア Apple Watch

心拍数を表示させておけば、最高値や最低値がグラフ上で一目瞭然となるので、病気の早期発見などに役立つでしょう。このほか、自転車に乗っているなら、Apple Watchの「ワークアウト」と連動させて、自転車の走行距離を表示することも可能です。

 

体重計(体組成計)と連携

ダイエットに便利なのが「体重」です。データポイントを作成して手動で管理することもできますが、「Withings Smart Body Analyzer WS-50」のようなネットワーク対応の体組成計を利用すれば、よりスマート。体組成計に乗るだけで、体重をiPhoneへ転送できます。

iPhone ヘルスケア 体重

スマートフォンと連携できる体組成計/体重計は各社より発売されていますが、ヘルスケアと連動できるものとそうでないものがあるので、購入する時は注意が必要です。

ちなみにWithings Smart Body Analyzer WS-50では、体重の他に体脂肪率やBMI(ボディマス指数)などを表示することが可能です。

データを手動で入力したい時は、ダッシュボードのグラフをに触れてからデータポイントを追加をタップします。

いつでも好きな時にデータを追加できます。ちなみに「体重」は「身体測定値」で追加できます。

睡眠分析アプリと連携

良い眠りは、あなたの体をリフレッシュさせ、回復させます。

だから毎晩同じ時間に眠りについて十分な睡眠をとれば、より良い気分で過ごせるようになるでしょう。

時計アプリケーションに追加された「ベッドタイム」タブでは、目標の就寝時刻と起床時刻を設定することができ、あなたの睡眠パターンを視覚的にチェックすることもできます。

ここで集められた情報は他社製の睡眠用アプリケーションからのデータと一緒にヘルスケアに集約されるので、さらに健やかな睡眠を習慣づけるために役立ちます。

アプリと連携できるものもあります。たとえば「睡眠分析」です。

無料アプリの「Sleep Meister」はヘルスケアと連携して、毎日の睡眠時間を記録してグラフ表示できます。

ヘルスケアと連携するには設定詳細設定アップルヘルスケアを開いて、データのアクセスを許可しておきます。

 

睡眠時には、iPhoneを枕元の近くに置いておきます。

Sleep Meisterに記録された睡眠時間がヘルスケアに送信されます。

マインドフルネス

何回か深呼吸して心を落ち着かせる時間を取るのは、ストレスを軽くしたり、健康全般を向上させるための優れた方法です。

「マインドフルネス」とは、まさにそのことを指します。

iPhone上の多くのアプリケーションやApple Watch上の呼吸アプリケーションなどが、一日を通してあなたのプレッシャーを取り除き、心を穏やかに保てるようにサポートします。

どのアプリケーションを選んでもヘルスケアアプリケーションが数字を積み重ね、あなたがマインドフルな状態でいられた時間の長さを表示します。

栄養

炭水化物、カロリー、カフェインの量や、そのほか多くの重要な栄養の数値を気にしている人もいるでしょう。

ヘルスケアアプリケーションを使えば、目標を定めたり、食事を正確に把握するのがさらに簡単になります。

毎食の内容をより細かくチェックできるようにする他社製アプリケーションを使うと、そのすべてのデータがヘルスケアに表示されるので、必要な栄養が摂れているかどうかをいつでも確認できます。

 

ヘルスケアは、血圧や血糖の測定値から体重やリプロダクティブヘルスに関する記録まで、あなたにとって大切な幅広いデータを簡単に把握できるようにします。

データはあなたが管理できます

ヘルスケアアプリケーションを使えば、あなたの健康とフィットネスの情報をデバイス上の一か所に集めて管理できます。

ヘルスケアに保存する情報の種類や、このアプリケーションを通してあなたの情報にアクセスできるアプリケーションは、あなたが決めることができます。

iPhoneがパスコードやTouch IDでロックされている場合、ヘルスケアアプリケーションにあるあなたの健康とフィットネスのデータは、メディカルIDの緊急用カードに追加したものを除き、すべてパスコードで暗号化されます。

ヘルスケアアプリケーションに保存されたデータはiCloudにバックアップできますが、iCloudとの通信中も、iCloudでの保存時も、データは暗号化されます。

また、HealthKitを使うアプリケーションには、プライバシーポリシーの表示が義務づけられています。

あなたの健康とフィットネスのデータへのアプリケーションによるアクセスを許可する前に、必ずこれらのポリシーを確認してください。