不眠の影響

「何時間、寝ればいいか」にとらわれてはダメ

朝、起きられないという悩みの根本的な原因は、睡眠が充分に取れていないことにあります。

睡眠の時間が足りないのか、眠りが浅いのか、その両方の可能性もあります。まずは睡眠時間の問題から ...

体験談, 病状, 薬について

病院で処方してもらう睡眠剤・睡眠導入剤について。

睡眠導入剤はそれほど特別な薬ではない

病院で処方される睡眠薬は「睡眠導入剤」と呼ばれるものがメインです。

「ハルシオン」「デパス」といった名前は、ち ...

不眠の影響

わずかな睡眠不足がまるで借金のように積み重なっていく「睡眠負債」。ガンや認知症など生命にかかわる健康被害のきっかけともなり、日々の生活の質を低下させていくさまが「NHKスペシャル」などテレビでも取り上げられ、大きな注目を集めている。

不眠の影響, 治療・対策

興味深い記事が掲載されました。

寝室が明るいと暗い人の2倍、うつになりやすいということらしいです。

夜眠るときに部屋が明るいと、うつの症状につながりやすくなるとする調査結果を、奈良県立医科大の研究チームがまとめ ...

不眠の影響

「夜なかなか眠気がこない」「眠りが浅い」などの悩みを抱えている人は、音と光を活用し、就寝へ向けた準備をすると、入眠しやすくなります。快眠セラピスト、睡眠環境プランナーの三橋美穂(みはし・みほ)さんにお話を聞きました。

■ゆ ...

広告

治療・対策, 自己チェック

とりあえず、鬱っぽいときは

• 飲みすぎない
• 食べすぎない
• 無理になにかをしようとしない
• 夜ふかしをしない
• 無理に眠ろうとしない
•「–ねばならない」といわない ...

不眠の影響

エアコンをつけたまま寝ると何故、朝だるいのか?
早稲田大学の准教授であり精神科医の西多先生の考察をご紹介します。

 

夜間も気温が25℃を下回らない「熱帯夜」の季節がやってきた。

...

不眠の影響

女性自身 2017年7月7日より快眠セラピストの三橋美穂さん、の話。

「疲労は寝ている間に回復するので、質のよい睡眠をとることが、夏バテ対策の要になります。

寝不足が続くと体力や免疫力が落ちるだけでなく、集中力ややる気も ...

不眠の影響

最近注目されている「睡眠負債」という言葉。

毎日の睡眠不足が積み重なると「睡眠負債」となり、命のリスクにつながることが様々な研究から明らかになってきた。

日本人は世界的にみて睡眠が不足していると言われている。

不眠の影響

就寝しても中途で目覚めてしまう人は少なくないが、その起きてしまう時間帯について意識したことはあるでしょうか。

「そういえばいつも同じ時間帯に目が覚める」と心当たりがある場合、実はさまざまな要因や異変の兆候が隠されていること ...