不眠の影響

例年より早く梅雨が明け、猛暑が続いていますね。夜になっても気温が高く、暑くてなかなか寝付けないという方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、寝苦しい夜も快適な睡眠環境を得るための、就寝時のエアコンの使用方法をお伝えし ...

不眠の影響

「頭痛や寒気がして、熱があるかと思って体温を測ってみたら、35度台だった」

「だるくて風邪かと思い、体温を測ったら、平熱よりも低かった」なんて事、よくありますよね?

「体調が悪いのに、熱を測ったら普段より低い」

...

不眠の影響

睡眠時間を確保していても疲れが取れないのは、布団に入っていても実際は眠れていない、つまり睡眠効率が低い可能性があります。

考えられる原因はいろいろあります。

睡眠効率を低下させる代表的な習慣をいくつか紹介します ...

不眠の影響

鏡に映った自分を見た時、抜け殻のように活力の無い顔をしていると気づくことははありませんか?
蓄積した疲労は疲れとして感じるだけではなく、表情にも表れてしまいます。

疲れの要因は、人それぞれ。

「新製品のプレゼンがあり ...

不眠の影響

睡眠で15キロのダイエット? にわかには信じ難いですが…。

『毎朝、目覚めるのが楽しみになる 大人女子のための睡眠パーフェクトブック』の著者、睡眠コンサルタント・産業心理カウンセラーの友野なおさんは、睡眠を見直すことにより ...

広告

不眠の影響

東京で21日続いた連続降雨記録もようやくストップ。

どんよりとした曇天が一転、日本の夏らしい蒸し暑い季節が戻ってきました。

海や花火、バーベキューとワクワクする夏という季節ですが、健康面では夏バテや熱中症に注意 ...

不眠の影響

暑日に熱帯夜…夏って寝苦しい日が続きますよね?
うまく眠りに入れない人や夜中に何度も目が覚める人、朝の目覚めが悪い人もいるでしょう。

クーラーをつけるべきか迷う今日この頃ですが、みなさんはどうしていますか?

不眠の影響

カナダの認知科学者が考案した「認知シャッフル睡眠法」がちょっとした話題になっている。

昨年あたりからフォーブス誌やガーディアン紙などで紹介されてきたが、今月になって米人気司会者オプラ・ウィンフリーのOマガジンでも取り上げら ...

不眠の影響, 治療・対策

興味深い記事が掲載されました。

寝室が明るいと暗い人の2倍、うつになりやすいということらしいです。

夜眠るときに部屋が明るいと、うつの症状につながりやすくなるとする調査結果を、奈良県立医科大の研究チームがまとめ ...

不眠の影響

なんだかはっきりしないお天気が続いてますが、ムシッと暑い今年の夏。体調を崩しそうな天候ですが、みなさんちゃんと寝られていますか?

 

ドコモ・ヘルスケア株式会社が、ウェアラブル活動量計「ムーヴバンド3 ...