不眠の影響

睡眠で15キロのダイエット? にわかには信じ難いですが…。

『毎朝、目覚めるのが楽しみになる 大人女子のための睡眠パーフェクトブック』の著者、睡眠コンサルタント・産業心理カウンセラーの友野なおさんは、睡眠を見直すことにより ...

不眠の影響

東京で21日続いた連続降雨記録もようやくストップ。

どんよりとした曇天が一転、日本の夏らしい蒸し暑い季節が戻ってきました。

海や花火、バーベキューとワクワクする夏という季節ですが、健康面では夏バテや熱中症に注意 ...

不眠の影響

暑日に熱帯夜…夏って寝苦しい日が続きますよね?
うまく眠りに入れない人や夜中に何度も目が覚める人、朝の目覚めが悪い人もいるでしょう。

クーラーをつけるべきか迷う今日この頃ですが、みなさんはどうしていますか?

不眠の影響

「リジリエンス(回復力・復元力)」という言葉をよく耳にします。

ここ数年は、地球温暖化による自然災害に遭っても素早く復旧できる環境を「リジリエンスのある街づくり」などと表現することが多かったのですが、最近は心理学用語として ...

不眠の影響

カナダの認知科学者が考案した「認知シャッフル睡眠法」がちょっとした話題になっている。

昨年あたりからフォーブス誌やガーディアン紙などで紹介されてきたが、今月になって米人気司会者オプラ・ウィンフリーのOマガジンでも取り上げら ...

広告

不眠の影響

睡眠時間を削りがちでお疲れの人や、睡眠に関してお悩みを抱えている人も少なくないのでは?

とはいえ、睡眠時間を増やす余裕もないし、なんとか睡眠時間を変えずに、睡眠の質を高めることはできないの……?

そこで、『大人 ...

不眠の影響

仕事に追われて、ゆっくり休めない…もうやだ、寝たい。

24時間型の生活習慣による生活リズムの乱れや、最近のストレスに満ちた社会を反映してか、不眠に悩まされる人が増えているようです。

厚生労働省が全国の3歳~99 ...

不眠の影響

ストレスがたまると、「朝」に不調が表れやすくなる 

自分のストレスの状態には、意外に気づきにくいものです。

特に、やるべきことや時間に追われているときには心身が興奮してストレスに抵抗しているため、疲労やダメージが蓄積していて ...

不眠の影響

ダイエットを成功させたい。

でも体重や体脂肪が減ると同時に若さが減るのは避けたいですよね。

夏のダイエットはこの若さも減るリスクを抱えていることを知っておくべきです。

だから40代は老けずにやせるた ...

不眠の影響

暑さが続く日々に負けぎみで、なんとか乗り切るためにビールで暑気払い、食欲がなくて冷たい麺だけモグモグ、涼を取るためにローカロのアイスやかき氷……そんな生活をしていませんか?

 そんな生活スタイルにこそ、夏バテの原因が隠れて ...