不眠の影響

「何時間、寝ればいいか」にとらわれてはダメ

朝、起きられないという悩みの根本的な原因は、睡眠が充分に取れていないことにあります。

睡眠の時間が足りないのか、眠りが浅いのか、その両方の可能性もあります。まずは睡眠時間の問題から ...

病状, 自己チェック

人間関係の乱れ・仕事の多忙やプレッシャー・将来の悩みや不安による精神的ストレス・過労・事故・怪我・さらには近所の騒音や、季節の変化などの温度なども身体的なストレスとなって自律神経の乱れの原因になります。

何らかの理由で交感 ...

治療・対策, 病状

うつで不眠になるのではなく、不眠がうつを作る可能性。

不眠治療によって、不安症やうつの症状まで緩和されるらしいことが明らかにされた。

睡眠の問題は、不安症やうつといった心を病んだ人たちに一般的だ。
実際、睡眠障害はよ ...

広告

不眠の影響

睡眠時間を削りがちでお疲れの人や、睡眠に関してお悩みを抱えている人も少なくないのでは?

とはいえ、睡眠時間を増やす余裕もないし、なんとか睡眠時間を変えずに、睡眠の質を高めることはできないの……?

そこで、『大人 ...

不眠の影響

仕事に追われて、ゆっくり休めない…もうやだ、寝たい。

24時間型の生活習慣による生活リズムの乱れや、最近のストレスに満ちた社会を反映してか、不眠に悩まされる人が増えているようです。

厚生労働省が全国の3歳~99 ...

不眠の影響

ストレスがたまると、「朝」に不調が表れやすくなる 

自分のストレスの状態には、意外に気づきにくいものです。

特に、やるべきことや時間に追われているときには心身が興奮してストレスに抵抗しているため、疲労やダメージが蓄積していて ...

不眠の影響

薬を使わない不眠症の治療で、高い効果が実証されているものに、自律訓練法があります。

自分に催眠術をかける?

催眠と聞くと、どういうイメージが浮かびますか? 

催眠術師の意のままに人形のように操られ、普通では考えら ...