メンタルヘルス

不眠の影響

“心配ないさ”が心配性に逆効果となる

失敗するかもしれない。嫌われるかもしれない……。そういう人に「気にするな」と言うのは逆効果だ。心配を解消するには「失敗してもいい」「嫌われてもいい」と開き直ることが重要になる。自分の性格の欠点を直すにはどうすればいいか。脳科学者と心理学者に...
不眠の影響

過労で「心の病」若年層に多く 女性は20代の自殺最多

平成22年1月〜27年3月までの約5年間に、過労による心の病(精神障害)で労災と認定された労働者の割合が30代以下の若年層で高かったことが、厚生労働省が6日に公表した「過労死等防止対策白書」で分かった。 心の病から自殺に至った事例は男...
不眠の影響

「何もしていないのに疲れる人」が変えるべき習慣

鏡に映った自分を見た時、抜け殻のように活力の無い顔をしていると気づくことははありませんか? 蓄積した疲労は疲れとして感じるだけではなく、表情にも表れてしまいます。 疲れの要因は、人それぞれ。 「新製品のプレゼンがあり、人前...
不眠の影響

電子端末を1日3時間以上使うティーンは自殺リスクが35%高い

8月下旬アメリカでスマホ世代のメンタルに地殻変動が起きているという実態に迫る本『iGen』が出版されました。 著者のサンディエゴ州立大学のJean Twenge心理学教授は25年間ずっと毎年ティーン1100万人の意識調査を行なって...
不眠の影響

「集中力」を引き出す22の行動習慣

やらなければとわかっていても、だらだら、ぐずぐず、やる気が出ない。 こんなことではいけないとやり始めても、すぐに飽きてしまって続かない。 でも集中力がないのは、性格の問題ではなく、集中する「コツ」を知らないだけ。 ぐうたらな自分に...
不眠の影響

逆境でも前向き “心の復元力”の鍛え方

「リジリエンス(回復力・復元力)」という言葉をよく耳にします。 ここ数年は、地球温暖化による自然災害に遭っても素早く復旧できる環境を「リジリエンスのある街づくり」などと表現することが多かったのですが、最近は心理学用語としての「リジリエンス...
不眠の影響

川崎宗則、嘉風など一流アスリートも! 5万人の人生を変えた「マインドスイッチ」

毎日モヤモヤしている、ついていない、変わりたい……。 誰しもが持つ人生の悩みは、一瞬で消すことができる。 そして、思うまま最高の自分に変わることができる。 その方法を指導しているのが、久瑠あさ美さん。 人生をバラ色に変える魔法の切り...
不眠の影響

私たちの思考や認識が寿命に与える影響とは?

物事に対する考え方は人それぞれで異なる。 例えば、コップに半分水が入っているのを見た際に「まだ半分残っている」と考える人もいれば、「もう半分しか残っていない」ととらえる人もいる。 こういった感じ方や思考方法の違いは個性であり、どれが優れ...
タイトルとURLをコピーしました