うつ症状

不眠の影響

寝室明るいと「うつ」のリスク リズム乱れ心の不調に?

興味深い記事が掲載されました。 寝室が明るいと暗い人の2倍、うつになりやすいということらしいです。 夜眠るときに部屋が明るいと、うつの症状につながりやすくなるとする調査結果を、奈良県立医科大の研究チームがまとめた。 明るいことで眠...
体験談

やりがい求めた転職で“うつ病”に…

転職でステップアップや、自分のやりたい仕事に近づきたいって誰しも考えることですよね。  ところが、そんな希望に満ちた選択がきっかけで、大きな困難に直面している女性がいます。 詳しく話を聞いてみました。  デザイン事務所勤務を経て大手I...
不眠の影響

(米研究)インスタグラムの投稿内容から投稿者がうつの症状にあるかどうかを予測できることが判明

SNSの投稿にはあなたの心の健康状態をほのめかす手がかりが残されているという。 最近の研究からは、単語、文字、絵文字はその人の気分や心の状態を表していることが明らかにされつつある。  『EPJ Data Science』に掲載された米バ...
治療・対策

うつっぽい時は…5万回RTされた「とりあえずすべき行動」

とりあえず、鬱っぽいときは • 飲みすぎない • 食べすぎない • 無理になにかをしようとしない • 夜ふかしをしない • 無理に眠ろうとしない •「–ねばならない」といわない • 口座の残高を気にしな...
病気の種類

うつ病になりやすい3つのタイプ

気持ちが沈んでやる気が起こらない」、「なんとなく気分が重い」といった「うつ」の気分になることは、私達の日常的によくあることですが、その症状が長期間続いている場合には要注意です。 現在、多くの人が発症しているとされているうつ病ですが、一般的...
不眠の影響

子どものうつ病は見逃されやすい

児童精神科医が解説!子どもも「うつ」になる 7/8(土) 14:00配信 ベネッセ 教育情報サイト うつ病は、大人だけのものと思っていたら大間違い。 10歳を超えるとうつ病の患者は増え始め、最近は低年齢化も指摘され...
治療・対策

うつ病を再発させないために

うつ病の患者さんにおいて、症状が強く出る急性期はだいたい3ヵ月程度とされています。 その後は、少しずつ安定すると考えられていますが、この時期にうつ病が悪化したり、いったんよくなったと思っても再発しやすいことがさまざまな研究からわかって...
治療・対策

子供のうつ病は発達障害併発も

うつ病は大人の病気だと思われがちだが、最近は小学生でもうつ病と診断されるようになってきた。 北海道大学の調査によると、小学生の1.6%、中学生の4.6%がうつ病と診断されたという。 そして、不登校はうつが原因になることが多いとさ...
タイトルとURLをコピーしました