健康情報, 治療・対策

興味深い記事が掲載されました。

寝室が明るいと暗い人の2倍、うつになりやすいということらしいです。

夜眠るときに部屋が明るいと、うつの症状につながりやすくなるとする調査結果を、奈良県立医科大の研究チームがまとめ ...

健康情報, 治療・対策

「高額療養費」の払い戻しは概ね3か月以上かかる

医療機関等の窓口で医療費のお支払いが高額な負担となった場合は、「高額療養費制度」があります。

「高額療養費制度」は、後から申請いただくことにより自己負担限度額を超えた額が払い戻 ...

健康情報, 治療・対策

完全自動運転の「レベル4」の実用化は2020年以降、あるいは2025年ともいわれています。現実には、法整備を含めると10年以内に実現できれば御の字でしょうか。

そこで、完全自動運転の実現までに事故を減らす方策は、あらゆる方 ...

健康情報, 治療・対策

「怒りっぽい」「落ち込みやすい」など、人にはさまざまな性格がある。
その性格が認知症の発症と関係があるとすれば、発症の予防や早期発見に役立てることができないだろうか。
世界各国で行われている性格と認知症に関する研究でど ...

治療・対策, 自己チェック

とりあえず、鬱っぽいときは

• 飲みすぎない
• 食べすぎない
• 無理になにかをしようとしない
• 夜ふかしをしない
• 無理に眠ろうとしない
•「–ねばならない」といわない ...

治療・対策, 病状

うつ病の患者さんにおいて、症状が強く出る急性期はだいたい3ヵ月程度とされています。

その後は、少しずつ安定すると考えられていますが、この時期にうつ病が悪化したり、いったんよくなったと思っても再発しやすいことがさまざまな研究 ...

治療・対策

※5/31(水) 山陽新聞より

岡山理科大理学部の橋川直也講師(分子生物学)、橋川成美准教授(薬理学)らのグループは、うつ病に特殊なタンパク質「HSP105」が関与していることをマウスを使った実験で明らかにした。