治療・対策

治療・対策

うつ病治療にスマホアプリ、患者4割に改善効果…京大チーム開発

うつ病などに対する「認知行動療法」に患者が一人で取り組めるスマートフォン版アプリを、京都大学などのチームが開発した。 薬が十分効かない患者の約4割で改善効果が出たという。 認知行動療法は、患者自身がものの見方や問題に対処する選択肢を...
不眠の影響

仕事の悩み&ストレスの9割が楽になる、超簡単な方法

先日、厚生労働省から発表された平成28年の労働安全衛生調査(実態調査)によると、働く人のなかで、強い悩み、不安、ストレスを持つ人は59.5%(平成27年調査:同55.7%)とのことです。 その内容は、 「仕事の質・量」が 53.8%(...
治療・対策

不眠治療で不安症やうつの症状が緩和されることを確認(英研究)

うつで不眠になるのではなく、不眠がうつを作る可能性。 不眠治療によって、不安症やうつの症状まで緩和されるらしいことが明らかにされた。 睡眠の問題は、不安症やうつといった心を病んだ人たちに一般的だ。 実際、睡眠障害はよく心の病の1症状だ...
治療・対策

【最先端】AIを使えば、かなりの精度で自殺を予測できる

アメリカで毎年、自殺で亡くなる人は4万2000人以上。 99年~14年で、自殺率は24%増加している。 長年のデータや学説の積み重ねでわれわれは自殺の防止法、少なくとも予測法を理解しつつあると思いたいが、最新研究によれば自殺予...
不眠の影響

寝室明るいと「うつ」のリスク リズム乱れ心の不調に?

興味深い記事が掲載されました。 寝室が明るいと暗い人の2倍、うつになりやすいということらしいです。 夜眠るときに部屋が明るいと、うつの症状につながりやすくなるとする調査結果を、奈良県立医科大の研究チームがまとめた。 明るいことで眠...
不眠の影響

医療費が高額になりそうなときは「限度額適用認定証」を活用しよう

「高額療養費」の払い戻しは概ね3か月以上かかる 医療機関等の窓口で医療費のお支払いが高額な負担となった場合は、「高額療養費制度」があります。 「高額療養費制度」は、後から申請いただくことにより自己負担限度額を超えた額が払...
不眠の影響

運転中の眠気のコントロールはクルマにお任せ!? パナソニックが眠気制御技術を開発

完全自動運転の「レベル4」の実用化は2020年以降、あるいは2025年ともいわれています。現実には、法整備を含めると10年以内に実現できれば御の字でしょうか。 そこで、完全自動運転の実現までに事故を減らす方策は、あらゆる方向性から検討され...
不眠の影響

【予防】認知症発症と「性格」の関係=変えにくい性格にどう対処するか

「怒りっぽい」「落ち込みやすい」など、人にはさまざまな性格がある。 その性格が認知症の発症と関係があるとすれば、発症の予防や早期発見に役立てることができないだろうか。 世界各国で行われている性格と認知症に関する研究でどんなことが分か...
タイトルとURLをコピーしました