不眠の影響

不眠の影響

「集中力」を引き出す22の行動習慣

やらなければとわかっていても、だらだら、ぐずぐず、やる気が出ない。 こんなことではいけないとやり始めても、すぐに飽きてしまって続かない。 でも集中力がないのは、性格の問題ではなく、集中する「コツ」を知らないだけ。 ぐうたらな自分に...
不眠の影響

寝不足は肥満のもと!いい睡眠で15キロ痩せた眠り方

睡眠で15キロのダイエット? にわかには信じ難いですが…。 『毎朝、目覚めるのが楽しみになる 大人女子のための睡眠パーフェクトブック』の著者、睡眠コンサルタント・産業心理カウンセラーの友野なおさんは、睡眠を見直すことにより「体質改善と15...
不眠の影響

医師に聞く「夏バテ対策」 食事より睡眠を

東京で21日続いた連続降雨記録もようやくストップ。 どんよりとした曇天が一転、日本の夏らしい蒸し暑い季節が戻ってきました。 海や花火、バーベキューとワクワクする夏という季節ですが、健康面では夏バテや熱中症に注意が必要です。 皆さんは、...
不眠の影響

睡眠負債を溜め込まない! 質のよい眠りのために重要な3つ

わずかな睡眠不足がまるで借金のように積み重なっていく「睡眠負債」。ガンや認知症など生命にかかわる健康被害のきっかけともなり、日々の生活の質を低下させていくさまが「NHKスペシャル」などテレビでも取り上げられ、大きな注目を集めている。 ...
不眠の影響

【話題】 グーグルが検索機能に「うつ診断」を導入した

グーグルが私たちの精神的健康の維持を支援することに力を入れ始めた。 うつ病の可能性がある、より多くの人たちに、受診と治療を促すのが目的だ。 同社によると、精神疾患を抱える患者と家族を支援する全米精神疾患患者家族会(NAMI)との協力...
不眠の影響

小指に〇〇を貼るだけ!巷で話題の快眠法

暑日に熱帯夜…夏って寝苦しい日が続きますよね? うまく眠りに入れない人や夜中に何度も目が覚める人、朝の目覚めが悪い人もいるでしょう。 クーラーをつけるべきか迷う今日この頃ですが、みなさんはどうしていますか? そんな中、密かに話題に...
不眠の影響

逆境でも前向き “心の復元力”の鍛え方

「リジリエンス(回復力・復元力)」という言葉をよく耳にします。 ここ数年は、地球温暖化による自然災害に遭っても素早く復旧できる環境を「リジリエンスのある街づくり」などと表現することが多かったのですが、最近は心理学用語としての「リジリエンス...
不眠の影響

「シャッフル睡眠法」 あっという間に眠りに落ちると海外で話題

カナダの認知科学者が考案した「認知シャッフル睡眠法」がちょっとした話題になっている。 昨年あたりからフォーブス誌やガーディアン紙などで紹介されてきたが、今月になって米人気司会者オプラ・ウィンフリーのOマガジンでも取り上げられ、本格的にセレ...
タイトルとURLをコピーしました