不眠の影響

不眠の影響

【夏バテ】寝る前5分で翌朝スッキリ!夏の疲れを解消する足ツボ3つ

クーラー冷えや気温の急上昇による自律神経の乱れなど、身体の重だるさやむくみを感じる夏の始め。暑さにやられてやる気まで落ちてしまってはいませんか? なんだか体がだるいな、という日の夜は、足のツボを押してみてはいかがでしょう。夜もぐっすり...
不眠の影響

【健康】突然死を招く「多臓器不全」の恐怖

6月28日、西武ライオンズのコーチ、森慎二さんが遠征先の福岡で急逝した。享年42。 昨年、一軍投手コーチに就任したばかり。あまりにも早い死だった。 「直前まで、普段とあまり変わりなかったんですよ」と、球団関係者は今でも信...
不眠の影響

エアコンをつけたまま寝ると朝だるい理由

エアコンをつけたまま寝ると何故、朝だるいのか? 早稲田大学の准教授であり精神科医の西多先生の考察をご紹介します。 夜間も気温が25℃を下回らない「熱帯夜」の季節がやってきた。 2007年夏に東京23区実施されたアンケート調...
不眠の影響

子どものうつ病は見逃されやすい

児童精神科医が解説!子どもも「うつ」になる 7/8(土) 14:00配信 ベネッセ 教育情報サイト うつ病は、大人だけのものと思っていたら大間違い。 10歳を超えるとうつ病の患者は増え始め、最近は低年齢化も指摘され...
不眠の影響

寝苦しさに負けない「快眠メソッド3」

女性自身 2017年7月7日より 快眠セラピストの三橋美穂さん、の話。 「疲労は寝ている間に回復するので、質のよい睡眠をとることが、夏バテ対策の要になります。 寝不足が続くと体力や免疫力が落ちるだけでなく、集中力ややる...
不眠の影響

うつ病は女が多く、過労死に男が多いワケ

うつの罹患率や過労死の数について統計をとると、男女で大きな差が出ることがわかっています。 うつ病では、女性の罹患率は男性の2倍。 過労で死ぬのは男性がほとんどです。 では、どうして女性のほうが男性よりうつ病になりや...
不眠の影響

【NEWS】薬剤師向け医療ビッグデータ無料解析アプリを提供開始

医療情報サービスを手がける医療情報総合研究所(JMIRI)は7月4日、薬剤師向け医療ビッグデータ無料解析アプリ「おくすり併用ランク」の提供を開始すると発表した。 同アプリは、医療ビッグデータの1つである、日本国内の院外調剤薬局の処...
不眠の影響

「睡眠負債」を返済する! “寝だめ”はできるか?

最近注目されている「睡眠負債」という言葉。 毎日の睡眠不足が積み重なると「睡眠負債」となり、命のリスクにつながることが様々な研究から明らかになってきた。 日本人は世界的にみて睡眠が不足していると言われている。 では「睡眠負...
タイトルとURLをコピーしました