体験談

体験談

【その薬本当に必要?】病院でもらう睡眠導入剤を何年飲みつづけても不眠が治らない

疲労が取れないということであれば睡眠負債も考えられますが、適正な睡眠時間にも個人差があります。注意してほしいのは睡眠導入剤の種類はいろいろあって、寝つきが悪いのか、夜中に目が覚めてしまうのか、早朝覚醒して眠れないのか、などの症状によって処方する薬が違うということです。
体験談

やりがい求めた転職で“うつ病”に…

転職でステップアップや、自分のやりたい仕事に近づきたいって誰しも考えることですよね。  ところが、そんな希望に満ちた選択がきっかけで、大きな困難に直面している女性がいます。 詳しく話を聞いてみました。  デザイン事務所勤務を経て大手I...
体験談

「うつヌケ」の作者田中さんの記事がYahoo!ニュースに

うつ経験を漫画に 作者の思い 5/9(火) 12:01 掲載 撮影:幸田大地(Yahoo!ニュース 特集) うつ病経験を漫画に 「うつトンネル」の向こうで待っています 漫画家の田中圭一(55)は...
体験談

うつ病で苦しむ人たちへの助言

NIKKEI電子版にスタンフォード大学経営大学院 シュラム氏の記事が載っていたので、一部抜粋してご紹介いたします。 [引用元]NIKKEI電子版 うつ病で苦しむ人たちへの助言 自殺未遂の体験から 日本は先進7カ国の中で最も自殺率が高...
体験談

【事例】うつ病を再発させない働き方とは

<うつ病退職>元社員を提訴した会社に110万円支払い命令 毎日新聞 2017/3/30(木) 配信 ◇「不当訴訟で精神的苦痛」横浜地裁判決 IT会社がうつ病で退職した元社員の男性(28)を相手取り約1270万円の損害賠償を求め...
体験談

うつ病脱出マンガ「うつヌケ」に反響

異例のうつ病脱出者の体験マンガ うつ病から脱出した人の体験談をまとめたマンガ「うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち」(角川書店)が発売20日で5万部と異例のヒットとなっている。 手がけたのはギャグ漫画家の田中圭一さん。 手塚治虫の...
体験談

うつ病で働けない…「傷病手当金」を受け取るためのポイント

傷病手当金制度 うつ病で働けなくなり、会社を休むことになった時、“傷病手当金”がもらえます。 実際、私は1年半にわたり傷病手当金をもらっていました。 その後、会社を辞めることになった時に、総務の担当者がすごく親切にしてくれて、...
体験談

サントリーに賠償命令 上司の指導でうつ病に

結局、裁判で認められたところで、体調がよくなるわけではないし、慰謝料も微々たるもの。 自分の身は自分で守るしかないのです。 2014.7.31 20:25  サントリー(現サントリーホールディングス)で勤務していた男性が「...
タイトルとURLをコピーしました