治療・対策

うつ病の兆候を日常会話の中からでも検出できる人工知能(AI)が開発された。

米マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究チームは、人々の会話テキストと音声データを分析し、うつ病の兆候がある言語パターンを発見するニューラルネッ ...

不眠の影響

「何時間、寝ればいいか」にとらわれてはダメ

朝、起きられないという悩みの根本的な原因は、睡眠が充分に取れていないことにあります。

睡眠の時間が足りないのか、眠りが浅いのか、その両方の可能性もあります。まずは睡眠時間の問題から ...

不眠の影響

社会的動物である人間にとって、孤独は何よりも恐ろしく危険なものだ。孤独や社会的孤立のもたらす健康リスクへの認識も少しずつ広まっている。

そして先日、睡眠不足が人を孤独にさせるという興味深い研究結果が発表された。もともと人に ...

不眠の影響

例年より早く梅雨が明け、猛暑が続いていますね。夜になっても気温が高く、暑くてなかなか寝付けないという方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、寝苦しい夜も快適な睡眠環境を得るための、就寝時のエアコンの使用方法をお伝えし ...

広告

治療・対策

磁場刺激による脳操作の歴史

頭に磁場を発生するコイルを当てて(冒頭の写真参照)脳内に磁場照射を繰り返し与えると、脳神経を刺激して様々な神経疾患に利用できることが明らかになっています。

もともと、電流のような物理的刺激を使って ...

病状, 自己チェック

 

考え方が極端になってしまうのは「うつ病」が原因?

ほぼ一日中憂鬱な気分が続き、何をしても楽しいと思えない。

好きだったことにも取り組めない、眠れない、思考力が低下する――。

うつ病は、脳 ...

不眠の影響

体内時計と生活時間の間にズレが生じると、仕事のパフォーマンスが下がったり、肥満の原因になったりする。中にはガンの発生率を上げるという研究結果もある。

平日は朝も早いし、睡眠も不足ぎみ。せめて週末くらいはたっぷり寝よう……。 ...

不眠の影響, 治療・対策

失敗するかもしれない。嫌われるかもしれない……。そういう人に「気にするな」と言うのは逆効果だ。心配を解消するには「失敗してもいい」「嫌われてもいい」と開き直ることが重要になる。自分の性格の欠点を直すにはどうすればいいか。脳科学者と心理 ...