うつ経験者

不眠の影響

過眠症の原因は?寝ても寝ても眠い場合

寝ても寝ても眠い……強い眠気は心の病気が原因のことも 眠気が強すぎるのはなかなか辛いものです。頭がすっきりしない、イライラする、場合によっては体がぐったりするといった事も起き、物事もすんなり頭に入らないでしょう。 前日の明らかな...
治療・対策

「予定通りに行かない」を抜け出す! 朝スケジュールのすすめ

「予定通りに行かない」「何もできなかった」と感じる2つの理由 アポイントなどの予定、移動や課題が多くて帰宅が遅くなるビジネスパーソンには、自由になる時間があまりありません。一方、家事育児などで家にいる時間が長い人や、決まった仕事を定時...
不眠の影響

睡眠不足も寝すぎも健康には悪影響を及ぼす。適度な睡眠時間と良質な睡眠を得るには?

睡眠時間は人によって大きく異なるものです。 ある研究によると、平均睡眠時間が7時間前後だと平均寿命も長くなり、これより短くても長くても平均寿命は短くなるとの報告があります。(日本睡眠科学研所,睡眠白書より) ...
不眠の影響

睡眠負債は”週末より平日”に返すべき理由

「何時間、寝ればいいか」にとらわれてはダメ 朝、起きられないという悩みの根本的な原因は、睡眠が充分に取れていないことにあります。 睡眠の時間が足りないのか、眠りが浅いのか、その両方の可能性もあります。まずは睡眠時間の問題から考えてみ...
不眠の影響

睡眠不足はあなたを孤独にし、魅力を奪い、人に孤独を伝染する

社会的動物である人間にとって、孤独は何よりも恐ろしく危険なものだ。孤独や社会的孤立のもたらす健康リスクへの認識も少しずつ広まっている。 そして先日、睡眠不足が人を孤独にさせるという興味深い研究結果が発表された。もともと人に囲まれて...
治療・対策

うつ病、パニック障害…「頸性うつ」を根治する「世界でただひとつの治療法」

うつ病、パニック障害…心の不調は「首こり」が原因だった! 頭痛、めまい、自律神経失調症、うつ状態、パニック障害、慢性疲労、胃腸不良……こんな不調に悩んでいませんか?  自律神経の世界的権威、松井孝嘉先生の『首こりは万病のもと』は、こうし...
病状

うつ病の人にみられやすい傾向 過去に後悔、未来に諦め

考え方が極端になってしまうのは「うつ病」が原因? ほぼ一日中憂鬱な気分が続き、何をしても楽しいと思えない。 好きだったことにも取り組めない、眠れない、思考力が低下する――。 うつ病は、脳のセロトニン神経の機能の障害によって、こ...
不眠の影響

日本人の短時間睡眠 「働き方改革」で解消するのか

日本人は眠らない……。OECD(経済協力開発機構)の調査でも諸外国に比べて睡眠時間が短いことが明らかになった。果たして、政府の旗振りによって「働き方改革」が進み、睡眠問題も解決するのか。書籍『疲れをとるなら帰りの電車で寝るのをやめなさい...
タイトルとURLをコピーしました