仕事の悩み&ストレスの9割が楽になる、超簡単な方法


先日、厚生労働省から発表された平成28年の労働安全衛生調査(実態調査)によると、働く人のなかで、強い悩み、不安、ストレスを持つ人は59.5%(平成27年調査:同55.7%)とのことです。

その内容は、

「仕事の質・量」が 53.8%(同57.5%)と最も多く、
「仕事の失敗、責任の発生等」が 38.5%(同33.2%)、
「対人関係(セクハラ・パワハラを含む)」が 30.5%(同 36.4%)
となっています。

日本人は不安になりやすい遺伝子

調査ではさらに、強い悩み、不安、ストレスを持つ人たちに「相談できる人はいますか?」と聞いています。

「いる」と答えたのは91.1%(同84.6%)で、「いない」と答えたのは8.0%でした。

「ストレスを相談できる人がいる」とした91.1%の労働者のうち、実際にそのようなときに相談した人の割合は 85.0%(同 78.1%)。

一方、彼らのうち、そのようなときに「相談したことはない」と答えたのは9.6%でした。

●9.6%もの人が、他人に相談できない

結果の見方を少し変えてみると、悩み、不安、ストレスがあっても相談できる人がいないと答えた人は8.0%いて、相談相手はいると答えたものの実際はストレスがあるときに相談しなかった人は、全体の8.7%(=91.1%× 9.6%)いたと計算できます。

つまり、100人社員がいると約9人は、仕事上の不安やストレス、悩みがあっても誰にも相談していないということが推測されます。

そして「ストレスを実際に相談した」と答えた労働者のうち、相談することでストレスが「解消された」労働者の割合は 31.7%(同 31.1%)、「解消されなかったが、気が楽になった」は 60.3%(同59.2%)でした。

つまり、強い不安、悩み、ストレスがあるとき、人に相談することにより、実に9割以上の人が解消するか、もしくは解消しなくても、気が楽になったと答えているのです。

しかもこの相談相手が、医師やカウンセラーではなく、家族や友人、上司や同僚であることは特筆すべきことです。

●日本人は不安になりやすい?

まとめますと、働く人で不安、ストレス、悩みを持つ人は約半数ほどいて、この人たちは身近な人に相談すれば9割は楽になるのに、実際に100人の社員がいると9人ほどは相談すらできていことが、今回の調査から分かりました。
 
日本人は欧米人に比べて「不安」を感じやすいことが、遺伝子学的にも判明しています。

2009年に発表された遺伝子調査の結果では、東アジア人はヨーロッパ人よりも、「不安」を感じやすい遺伝子を多く持つことがわかっています。

なかでも、一番高いのが日本で、その次に、韓国、中国、シンガポールと続きます。

欧米人は不安を感じやすい遺伝子タイプの人は東アジア人の半分ほどで、もっとも少ないのが南アフリカだそうです。

また、不安を感じにくい遺伝子型の人は日本人では3%ほどしかいないようです。

こう考えると、働く人の不安、悩み、ストレスは感じることは自然なことですし、原因が職場にあってもそれは特別なことではありません。

しかし、日本の会社では、ストレスやメンタルヘルスの話は、いまだにタブーであったり、恥ずかしいと思われたりしがちです。

そして多くの働く人は、精神的なストレスを感じていることを、個々人の弱みと認識しがちで、またそのことを隠す傾向にあります。

不安やストレスや悩みがあっても、他人に相談していない社員たちに、どのように対処していくのか?

会社や人事担当者にとっては、そのあたりが、今後の課題になるのではないか、という調査結果でした。