暑くて身体がだるい…。夏バテのときに食べたいものベスト3

まだまだ厳しい暑さは続きそう。

「だるい」「疲れがとれない」「食欲不振」などの夏バテに悩まされている方も多いのではないでしょうか? 
今回は夏バテ時に食べたいおすすめの食材をご紹介。

夏バテ時に食べたいもの3選

(1)豚肉+香味野菜

暑いとそうめんやうどん、アイスクリームなど、冷たくてのど越しが良いものに食事が偏りがち。

これらの食材は糖質を多く含むため、糖質をエネルギーに変える「ビタミンB1」が不足し、エネルギー不足で疲れやすくなるといわれています。

夏は積極的にビタミンB1の多い豚肉を召し上がってください。

さらにオススメなのがにんにくやニラ・ネギ類などの香味野菜と組み合わせること。

香り成分が「ビタミンB1」の吸収を高めるといわれています。

麺類でよく作るのが“生姜焼き和えうどん”。

豚肉と玉ねぎを炒め、にんにくと生姜をすりおろして入れ、酒、醤油、みりんで味付けし、茹でて冷たくしたうどんとベビーリーフを和えて食べます。

簡単で栄養バランスも良く美味しいです。

(2)カラフルな野菜や果物

寝苦しさから睡眠不足になったり、暑さのストレスでより不足しやすいのがビタミンC。
夏バテによるストレス対策のためにも、ブロッコリー・赤ピーマン・キウイフルーツ・柑橘類・じゃがいも・さつまいもなどビタミンCが多いカラフルな野菜や果物を食べるのがおすすめです。

見た目がカラフルだと食欲も湧きますよね。
食後のデザートにはぜひ果物を! 

(3)レバーや赤身の肉・魚

女性に不足しがちな鉄分は汗でも失われ、食欲不振により食べる量が減ることでさらに不足を招きやすくなります。

鉄が不足すると、さまざまな不調を感じるといわれているので、鉄分の多い、レバーや赤身の肉や魚を積極的にとりましょう。

赤身魚のカツオはビタミンB群も多いので、香味野菜である玉ねぎスライスを組み合わせた、カツオのたたきがおすすめです。

ポン酢ににんにくやしょうがのすりおろしを加えたタレでいただきましょう。

赤ピーマンも飾れば夏バテにおすすめなメニューに。
火を使わないのもポイントです。

いかがでしたか? 食べて体調を整えて、残暑を乗り切りましょう。