【夏バテ対策】夏バテを防止する食べ物


夏は暑さで食欲が落ちたり、バテぎみになったりしていませんか?
食欲がないからといって食事を抜いたり、食べる量を極端に減らすのはNG。
体力や抵抗力が回復せず、さらに体調を崩すことにもなってしまいます。
今回は夏バテを防止する食べ物についてご紹介します。

夏のからだを元気にするのは、実はからだを冷やさない食事。
暑いときは涼を求めて、つい冷たいものばかり食べたくなるもの。
でも、それではからだを冷やし、胃腸のはたらきを弱めてしまうんです。

食事を抜いたり、1回の食事量を少なくしてしまうことにも注意を。
食べて消化する行為で、エネルギーを作り出しからだを温めています。
そのため食事量が減ると、夏でも血行が悪くなり、からだが冷えやすくなってしまうんです。
特に、体温の低い人は朝食を抜かないこと。
3食の中で、朝食は最も大きな熱を生みだします。体温を上げ代謝を良くすることで、疲れにくいからだを作りましょう。

 

朝食は一日のエネルギー源!

夏のからだを元気にするのは、実はからだを冷やさない食事

暑いときは涼を求めて、つい冷たいものばかり食べたくなるもの。

でも、それではからだを冷やし、胃腸のはたらきを弱めてしまうんです。

できれば野菜たっぷりのスープや味噌汁などを1品、食事の最初に食べるようにしましょう。

温かいお茶を飲むだけでもだいぶ違ってきますよ。

しょうがやニラ、ねぎ、にんにく、ごま、みそなどは、からだを温める食材。

紅茶にスライスしょうがを加える、肉ならしょうが焼きやガーリックソテーに、あるいはねぎソースなどの香味野菜をたっぷり使った料理にするのも、手軽にとれておすすめ!

食事を抜いたり、1回の食事量を少なくしてしまうことにも注意を。

食べて消化する行為で、エネルギーを作り出しからだを温めています。

そのため食事量が減ると、夏でも血行が悪くなり、からだが冷えやすくなってしまうんです…。

特に、体温の低い人は朝食を抜かないこと。

3食の中で、朝食は最も大きな熱を生みだします。

体温を上げ代謝を良くすることで、疲れにくいからだを作りましょう。

脂質の採りすぎには気を付けて

朝食で卵などのたんぱく質のおかずは食べていますか?

暑い日は、そうめんやそばなどで手軽に食事を済ませがちですよね。

ですが、麺類や菓子パンなど、穀類だけの炭水化物の食事になってしまうことが多い人は注意が必要です。

「たんぱく質のおかずを1食1皿食べるのは、夏バテ予防にもなる!」

たんぱく質は体重の約1/5を占め、血液や筋肉などのからだをつくる主要な成分。

体調の維持に欠かせない酵素として働く栄養素でもあるんです。

しかし、糖質や脂肪のようにからだに蓄えることができません。

そこで体内で常に行われている代謝に合わせ、毎食コツコツ補給する必要があるんです。

たんぱく質が摂れる食品は、肉・魚・卵・納豆、豆腐などの大豆製品、そして乳製品。

これらの食品の主な栄養素は、たんぱく質と脂質。

それぞれに含まれるたんぱく質の量は、脂肪分の多さに比例して少なくなります。

つまり、たんぱく質食品を選ぶポイントは二つ!

  • 肉は、もも肉やヒレ肉、鶏むね肉やささみなど、脂身の少ないもの
  • 乳製品も低脂肪や無脂肪のもの

1日1個の卵で夏バテ防止!

「暑くてサッパリしたものが食べたい」「食欲が出ない…」

夏になると、よく耳にする言葉ですよね。

食欲がなく、食べる量が減ってきたときにこそ、栄養密度を意識しましょう。

夏のからだを元気にするのは、「1日1個の卵」

手軽で、栄養的にも優等生の卵。着目すべきは、その「栄養密度」。

栄養密度とは、同じカロリーの食品を食べたとき摂れる、栄養素の種類や量の違いをあらわすもの。

より多くの栄養素の種類や量が摂れる食品 = 栄養密度が高いということ。

例えば、卵1個(約50g)とバナナ1本(約100g)のカロリーはどちらも80kcalくらい。

ですが、摂れる栄養価は大きく異なります。

卵には、たんぱく質・鉄・ビタミンA・ビタミンEなどが多いと同時に、ビタミンCと食物繊維以外の栄養素がまんべんなく含まれています。

つまり卵は、栄養密度の高い食品!

「コレステロールが多いから」と敬遠されがちな卵ですが、医師からの指示を受けていない限り、1日1個は摂取したいもの。

生で、茹でて、焼いて…さまざまな調理や味付けで、しかも手軽に食べられる卵をぜひ朝食の1品に取り入れてみてください。

また、大豆や納豆も同じくらい栄養密度の高い食品。

卵が苦手、控えているという人は、大豆製品を1日1皿とって、暑さに負けないからだ作りを!