熱中症予防 水だけのがぶ飲みは危険


すでに全国各地で35℃を超える猛暑日が観測され、今年は過去最大級の「猛暑」が予想される中、最も気になるのは熱中症のリスク。

総務省消防庁の発表では、6月だけでも全国で3481人が救急搬送されています。

特に高齢者には危険が伴い、2015年の熱中症による死亡者968人のうち、8割超の781人が65歳以上でした。

 熱中症予防をはじめ夏の健康対策が必要ですが、実は良かれと思ってやっている猛暑対策が、裏目に出ることもあります。
たとえば、水の飲み方ひとつをとってもそう。

この時期は「水を飲んで熱中症を防ぎましょう」というアナウンスをよく耳にします。
野球場やイベント会場でも「十分な水分補給を」という呼びかけは必ず聞かれるし、消防庁や厚労省などからなる「熱中症関係省庁連絡会議」は、「のどの渇きを感じる前の水分補給」をポスターなどで盛んに勧めています。

しかし、その補給法を間違えてしまうと命取り。
中でも一番危険なのが「水だけをがぶ飲みすること」だそう。

『いまさら聞けない健康の常識・非常識』(主婦の友社刊)の著者で、池谷医院院長の池谷敏郎医師に、その危険性を解説していただいた。

「水の吸収には限界があるので、一度に大量摂取すると吸収できない。また、大量の発汗の際に、水分とともにナトリウムなどのミネラルも減少します。この時、水分だけを補給しようとしても、血液中のナトリウム濃度が低くなっているために喉の渇きが感じられず、必要な水分を飲むことができなくなります。

結果、脱水が進み、頭痛や痙攣、意識障害などが見られるとともに、脳梗塞などの血栓症を発症する危険性が高まります」

では、どのぐらいの量の水を、どのように摂取すればいいのか?
管理栄養士の望月理恵子氏の具体的なアドバイスです。

「血中の塩分濃度を極端に薄めないためには、1回の水分量はコップ約1杯分の200ミリリットルが目安とされています。

一般的に人間は1日約2.5リットルの水分を尿や汗などで失います。夏場は汗をかく分、3リットル程度が失われると考えておけばいいでしょう。
ですからコップ1杯分の水を1時間ごとに10~15回に分けて飲むのが理想です」

※週刊ポスト2017年8月11日号より