うつ病チェックしてみませんか~経験者のはなし

私の体験談をもとにうつ病チェック、予防法、治療法、薬の種類、家族の心構えなど、お悩み解決のお手伝い

治療・対策 病状

MCI(軽度認知障害)発症リスクを判定するシステム開発。

投稿日:2015年4月6日 更新日:


うつ病の人はリスク高

MCIになりやすい人を早期に発見する独自スコアリングシステムを開発米国神経学会(AAN)は3月18日、MCI(軽度認知障害)発症のリスクの高い高齢者の特定に寄与する新たなスコアリングシステムを開発したと発表した。
同システムは、記憶障害の状態を早期に発見することを目的として開発され、被験者の疾患や状態によって、MCIになりやすい、なりにくいを判断する。

MCI発症リスクと特に高い相関性を示した因子は、年齢、心臓疾患の危険因子、抑うつ、不安障害、ならびに試験開始時における記憶または身体機能障害だった。
一方、認知症との関連性が指摘されているAPOE遺伝子については、中程度の相関性しか認められなかった。

健常者と認知症者の中間的段階、MCI(軽度認知障害)健常者と認知症の人の中間的な段階として、MCI(軽度認知障害)がある。

MCIとは、記憶、決定、実行などの認知機能のうち、一つの機能に問題があるものの、日常生活においては問題のない状態のことである。

記憶障害を自分自身で認識しており、全般的な認知機能に問題がない状態ではあるものの、MCIの状態を放置すると認知症となるケースがみられる。

認知症は、症状の進行を遅らせることは可能であるが、完治は困難である。

そのため、症状の早期発見と予防が重要となる。

MCI有病者数 約380万人(平成22年)平成22年の段階で、日本の認知症者数は約439万人で、65歳以上の高齢者の15%を占めているほか、MCI有病者数は約380万人であると推計されている。

高齢化社会が進行するにつれて、認知症者数が増えることが予想されていることから、今回の新たなシステムの開発は、認知症対策に寄与するものとみられる。

 

-治療・対策, 病状
-,

執筆者:

関連記事

医療費が高額になりそうなときは「限度額適用認定証」を活用しよう

「高額療養費」の払い戻しは概ね3か月以上かかる 医療機関等の窓口で医療費のお支払いが高額な負担となった場合は、「高額療養費制度」があります。 「高額療養費制度」は、後から申請いただくことにより自己負担 …

うつ病かな?と思ったら。セルフチェックしてみましょう。

  現代社会にはストレスの要因は数え切れないほどあります。 そんな中、体は疲れきっているのに、眠れない日々が続く、何もする意欲がわかない、不安やイライラ、その他テレビや雑誌などで「うつ病」を …

【最先端】AIを使えば、かなりの精度で自殺を予測できる

[NewsWeek 2017.7] アメリカで毎年、自殺で亡くなる人は4万2000人以上。 99年~14年で、自殺率は24%増加している。 長年のデータや学説の積み重ねでわれわれは自殺の防止法、少なく …

慢性疲労症候群、脳の炎症が関与

社会生活が送れないほどの疲労が半年以上も続く慢性疲労症候群(CFS)は、脳内で起こる慢性炎症が深く関わっていることが分かった。 理化学研究所と大阪市立大の研究グループが4日、発表した。 今後、診断や治 …

私の、うつ体験

このブログを始めるに当たり、最初に私の体験談からお話ししたいと思います。 私自身、うつとは、かれこれ15年ほどの付き合いになります。 最初の5年は、本当にしんどかった。。。 2回ほど自殺しかけましたが …

TOP