睡眠障害とうつ病


うつ病患者さんにおいて、不眠は必ずといっていいほどみられる症状です。
また不眠が続くと、うつ病が悪化してしまうこともわかっています。

このため、うつ
病の治療において、眠れない・眠りが浅い・朝早く目が覚めるといった不眠の症状がある場合は、なるべく早い段階で適切に対処することが、悪化を防ぐために
有効と考えられています。

逆に、

不眠が続くとうつ病になる可能性もある

眠れないという症状が続くと、うつ病になってしまう可能性があることが明らかになってきました。

このため最近では、眠れない・眠りが浅いといった不眠の症状がある場合は、なるべく早い段階で適切に対処することが、うつ病の発症予防に効果的であるといわれています。

 

うつ病での睡眠障害のパターンとしては、夜ゆっくりと眠れなかったり、朝目覚めても気分がスッキリしなかったりする【熟眠障害】、

ある
いはもっと長く寝ていたいのに、なぜか午前3時や4時に目が覚めてしまって、それからは眠れずに悶々とする【早期覚醒】といった状態になることが多いよう
です。

 

そのような時に、睡眠薬はある程度は有効なのですが、うつ病に伴う睡眠障害の場合には、睡眠薬だけでは十分改善せず、抗うつ薬での治療
が必要になってきます。

 

眠ることは食べることと同様に、人が生きていく上でとても大切な要素です。

また、睡眠障害とうつ病はとても密接に関係しています。

このため、『眠れないというだけで、病院に行くのはちょっと・・・』などとためらわず、眠れない・眠りが浅い・朝早く目が覚めるという症状でお困りの方
は、早めに医師にご相談ください。