絞り込み 検索
タグ

弱音を吐く夫へ、妻がすべき正しい対処法


旦那様に「会社行きたくな…」と弱音を吐かれたことはありませんか?仕事で辛いことがあったり、ストレスを感じたりもするでしょうから、愚痴をこぼしたく
なるのもわかります。奥様も、家族のために頑張っているご主人を、なんとか支えてあげたいと思うのではないでしょうか。でも、理由を聞いても教えてくれな
かったり、良かれと思っていった一言が、旦那様を怒らせてしまった…。こういう時の対応ってなかなか難しいですよね。そこで、ご主人が会社行きたくない病
を発症してしまったときの対処法をご紹介します。

■ 優しく励ましてあげる

◎ いたわりの言葉をかける


ずは優しい言葉をかけてあげることから始めます。仕事や、職場の人間関係がうまくいっていないと、弱気になってしまいますよね。「大変だね」「無理しない
でね」というように、旦那様を思いやった励ましをしてあげましょう。「なんで?」「どうして?」と質問責めにすると、追い詰められたご主人が爆発してしま
うこともあるので注意が必要です。

◎ 「頑張って」はNGワード

このとき、「頑張って」という言葉をかけるのは避けた方がいいかもしれません。すでに精一杯頑張っている旦那様にとって、この言葉は大きなプレッシャー。働いてくれていることへの感謝を忘れてはいけませんね。

■ 逃げ道を作ってあげる

◎ 「やめてもいいんだよ」と言ってあげる


主人は、辛い仕事やストレスから逃げ出したいと思っているのかもしれません。でも、家族を養っていかなければならないという責任感から、板挟みの状態に
陥っているのかも。そんなときは、「辛かったら、辞めていいよ」と逃げ道を作ってあげましょう。その一言だけでも、旦那様の心はふっと軽くなるはずです。

◎ 何から何まで頼らない


性は、女性から頼りにされると、やる気が出たり前向きな気持ちになったりするといいますが、だからと言って甘えすぎるのは禁物。「あなたのおかげで助かっ
ている」と旦那様を立ててあげることは必要ですが、「あなたが働いてくれないと困る」「どうやって生活していくの?」と、家族の生活を一人で背負わせてし
まうのはやめましょう。これでは、会社でも家庭でも、ご主人の心の休まる場所がなくなってしまいます。家族のために、奥様が協力できることがあれば、積極
的に手伝ってあげましょう。

■ 抱きしめてあげる

◎ 抱きしめられるとストレスが軽減する

人は抱きしめられるとストレスが解消される、というのはよく知られていますよね。「会社に行きたくない」というご主人は、疲労やストレスで身も心も参ってしまっているのだと思われます。優しく抱きしめて、旦那様を癒してあげましょう。
◎ 夫の言葉に耳を傾けて

抱きしめられた安心感から、会社に行きたくない理由について詳しく話してくれるかもしれません。「うん。うん。」と相槌を打ちながら、しっかり話を聞いてあげましょう。理由によっては、解決策を見つけることもできますよね。

■ 専門家に頼る

◎ うつ病の可能性があります


社に行きたくないと思うのは、うつ病が原因かもしれません。自分の意に反して起き上がれない、食欲がわかない、疲労感や倦怠感がずっと続くなど、身体にま
で不調が現れていたら要注意。うつ病は自分ではなかなか気付くことができないので、奥様から病院に行くことを提案した方がいいでしょう。

◎ あまり深刻になりすぎないで


のとき、はじめから病気だと決めつけると、旦那様の不安を煽ったり、プライドを傷つけたりしてしまうかもしれません。いきなり精神科ではなく、心療内科や
カウンセリングを勧めましょう。奥様があまり深刻になり過ぎないことが大切です。ご主人に受診を強いるような言い方をすると、反発されてしまうことが多い
そうです。それが原因で、なかなか病院に行ってくれず、症状が悪化したということもあるので、まずは軽い気持ちで提案してみてください。

■ 辛いことも一緒に乗り越えましょう


主人に「会社行きたくない」と言われたら、決して無視をしたり、放置したりすることはせず、優しく穏やかな気持ちで接してあげましょう。このとき、奥様ま
で一緒に落ち込んでしまうと「妻に迷惑をかけている」と余計に旦那様の心を苦しめてしまいます。ご主人の弱気に引っ張られずに、落ち着いた心持ちでいてく
ださいね。旦那様の仕事の悩みやストレスも、家族みんなの問題として捉え、一緒に乗り越えていく姿勢が大切です。