うつ病は遺伝するのか


自分のうつ病が子供にもうつりはしないか、血縁にうつ病の人がいるが自分も発症するのではないか、そんな心配事も出てくると思います。

特に子供を持つ親は、とても心配なことでしょう。最近は子供にもうつ病が見られるようですし、親としては「自分のせいでうつ病が遺伝したらどうしよう」などと不安に思うケースも少なくないのでは、と思います。

さて、血縁にうつ病の人がいる場合、同じ血縁内の誰かがうつ病を発症する可能性は高いと言われています。

親子または兄弟姉妹など直系の血縁者がうつ病だと、家族内での発症率は通常の2~3倍にもなるそうです。これが一卵性双生児だと、片方がうつ病になった場合、もう片方が発症する確率は30~90%ほどと、幅はあるもののかなり高い数字になっています。

このことからも、遺伝的な要因の強さが認められると言って良いでしょう。

これだけ聞くと、やはりそうかと肩を落としてしまうかも知れませんが、うつ病自体は遺伝だけによって起こるものではありません。遺伝という〝受け継いだ体質〟に加え、抑うつ症状を引き起こすだけの心理的負担があって初めて、うつ病という病気を発症するのです。

ですから、うつ病の親を持つ子供がいたとしても、その子供が実際にうつ病を発症するには、様々なストレス要因が複雑に絡み合う必要があるのです。ということは、遺伝だけで必ずしもうつ病を起こすとは言えないということです。

現代医学の進歩のお陰で、うつ病を引き起こす遺伝子の特定が可能になってきているそうです。まだ完璧ではないものの、将来的には遺伝子検査によってうつ病発症リスクを知ることもできるようになるみたいですよ。